2021年05月30日

Cruella



「生まれつき最高で、最悪。ちょっと変なだけ」


 本当に月1更新がやっとな状況ですが、仕事の山場がやっと終わったぜ! やっとだ、やっと自由になれる。6月までという短い時間だけどな……。
 まぁ、これまでのようには追い詰められないのでぼちぼち遊んでいきます。ゲームしたいし、本も読みたいんだ。
 今まではものすごく更新とかしにくい状況だったんだけど、ちょこっと改善できそうな感じなのでえっちゃら遊ぼうな。その辺りの近状はまたいつか。今回は、今回も映画の感想ですが、早くもことイチ候補なんでBD、サントラも買う予定です。


■あらすじ
 白と黒の髪を持つ少女・エステラはとんでもなく破天荒で、その奔放さにいつも母を悩ませていた。住む場所を追われて母曰く「融資してもらう」と訪れた屋敷で行われていたファッションショーに魅入られるが、自分の行動が原因で母を死なせてしまうことになる。悲しみの中逃げた先の公園でコソ泥をしていたジャスパーとモーリスと出会い、親のいない者同士で組んで泥棒として生きていく。
 そんな中でもファッションへの情熱を捨てられなかったエステラは憧れの百貨店リバティロンドンに潜り込むことに成功するが、それは掃除係としての採用だった。どんなに提案してもファッションに関われないことに嫌気が差し、酒の勢いも合間って好き勝手にやったウィンドウディスプレイがロンドン一のカリスマデザイナー・バロネスの目に留まり、彼女のチームに引き抜かれることになる。
 バロネスの厳しい要望にエステラが見事に応えていき、自分の立場を確かなものにしていくが、バロネスが子どもの頃に失くした母の形見のペンダントをしていることに気づき、ファッション界での成功よりも母のペンダントを取り戻すことに執着していく。
 そして、エステラとしてではなくバロネスが嫌う自分よりも目立つ才能のある存在・クルエラを名乗り、その圧倒的な存在感を持ってバロネスのプライドを、社会的地位も失墜させていく。


■感想
 うわー、めちゃくちゃ面白かった。正直、舐めてましたね。クルエラというキャラクターをこんなにも魅力的に描けるなんて思ってもいなかった。

 クルエラと言えば『101匹わんちゃん』ですが、本作品に犬に対する残酷行為などは一切ありませんのでご安心を。むしろ、犬好きは必見。クルエラに興味がなくても可愛いわんこが観たいという理由だけで行っていい。後悔はさせないと請け負おう。バディとウインクという最高に賢いわんこたちが出てくるシーンも今か今かと待ってしまうぜ。

 さて、相も変わらずネタバレ満載で行きますので一回畳みます。



クルエラ オリジナル・サウンドトラック
WALT DISNEY RECORDS (2021/6/23)



続きを読む
posted by SuZuhara at 20:52| Comment(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月18日

ザ・スイッチ/FREAKY



 史上最悪の入れ替わり<女子高生⇔連続殺人鬼>


 おい待て、月1更新になってるw
 いやはや、なんつー体たらくだ。でも、5月終わりまでは俺死んでるから。基本死んでるから。
 しばらく好きな本が読めない生活をしていたり、やりたいゲームがなかったりで腐っていましたが、勧められてモンハンライズやってみた。
 しかし、正直これはいかんな。ゴッドイーターの操作に慣れすぎてすぐ納刀しちゃう。ガッテム。武器に操虫棍を選んだらめっちゃ驚かれましたが、ジャンプしたいのだよジャンプ、とちょこっとだけ進めました。
 けど、どうにもこれ以上は進められそうにないな。5月下旬には解放されるんで、早くいつも通りに戻りたいもんです。


■あらすじ
 父親を失ったことからアルコール中毒になった母と正論をぶつけてくる警察官の姉の間で板挟みになる主人公・ミリーは高校でもいじめられていた。親友のライラとジョシュのおかげでなんとかやっていけているが、内気な性格からはっきりモノも言えず、どこでも我慢を強いられる日々を送っていた。
 そんな中、同じ学校の生徒が惨殺される事件が起こる。アメフトの試合後、母の迎えを待っていたミリーはそこで連続殺人鬼ブッチャーと出会ってしまい、肩をナイフで刺されてしまう。
 駆けつけた姉のおかげでブッチャーは逃げ出すが、次の日目が覚めると知らない場所でミリーはブッチャーに、ブッチャーはミリーにと入れ替わっていたのだった。
 ミリーは指名手配されながらもなんとか学校に忍び込み、親友二人を説得してブッチャーを捕まえようとするのだが、再び入れ替わるためのタイムリミットが一日であると知り、ミリー=ブッチャーの殺人を阻止し身体を取り戻すために奔走することになる。


■感想
 公開するの超待ってた。てか、今年初映画にするって決めてたくらい待ってたんですよ僕はっ!
『ハッピーデスデー』のクリストファー・ランドン監督最新作、ポップでグロくてだけど笑えるなんて映画イケる全ての人に勧めたい映画。

 てか、キャスリン・ニュートンだよ楽しみだなぁって思ってたんだが、今作はヴィンス・ヴォーンが全部持っていく。私は今作で彼を初めて知ったのですが、速攻でFilmmarkでフォローに入れた。時間ができたら過去作漁るんだって思ったくらい。
 きちんとは観れていないのですが、この前までやっていた今作と似たような内容のドラマ『天国と地獄』でも高橋一生さんの女性としての演技には脱帽だったのに、ヴィンス・ヴォーンはめちゃくちゃすげー!って感動しっぱなしでしたね。

 さて、ざっくり内容。
 大方はあらすじで語ってますが、今作の入れ替わりの魅力はただ入れ替わっただけじゃない。お互いの男と女の身体についての言及だけでなく、身体に精神が引っ張られているというのが面白かった。

 ミリーはブッチャーのでかくて不潔な身体が嫌でしょうがないんだけど、ブッチャーの身体にはパワーがあって内気なミリーもいろいろなことを前向きに考えられるようになっていく。
 一方、ブッチャーの方はミリーになって今までの地味な服は着ずに姉のクローゼットから赤ジャケットを拝借。嫌がらせを受けていた女の子の印象はなくなり学校ではブッチャーに襲われたと言うこともあって注目を集めるが、ブッチャーの目的はあくまで殺人。
 この辺りの目的の理由とかは語られないので気にしない方がいい。ナイフの謎とか声についても語られないけど、ハッピーデスデーの時から分かっていることだ。続編を待とう。
 話を戻すが、ブッチャーはミリーの身体で殺人を続ける。――が、ミリーの身体はあまりに弱かった。今までのような力技では無理なので、何度も殴られながらも教師を殺すシーンはちょっと同情したくらい。殺すために頭を使い出したからやべぇなとは思ったが、そんな展開にはならない。

 ミリーの親友二人と和解するまでがすっごい面白い。
 いや、普通にブッチャーなんかが来たら逃げるし、二人のこと知ってるって言われても信じないよw
 二人は協力して武器を取りブッチャーを攻撃するがミリーは信じてもらうために攻撃はしない。盾を振り回したりちょっと押すだけ――なのだが、力強すぎて吹っ飛ばされるw
 でも、二人と和解するシーンはめっちゃいいです。人生で友達は一人できればいいと僕の好きな歌にあるのですが、ミリーはこんな友達二人もできて良かったよなぁ。
 黒人のライラ、ゲイのジョシュという親友は一風変わっていて、正直ホラー映画では序盤に死ぬキャラと言っても過言ではないのですが、二人はブッチャー=ミリーを守りながら最後までずっと一緒に居てくれるんだ。お前ら最高だな!

 しかし、ブッチャーの見た目だけでかなり大変な道中。
 ミリー=ブッチャーを見つけたと思ったら、向こうが悲鳴を上げて「殺人鬼よ!」なんて言ってきたら逃げるしかない。ブッチャーがこれをやっていると思うとかなり楽しいw

 そんな中、ミリーの想い人の男子・ブッカーがブッチャーの標的になってしまう。それを親友二人とブッチャーの腕力で阻止したミリーはブッチャーを捕縛することに成功する。あとは警察が保管しているドーラのナイフを奪ってブッチャーに刺せば入れ替わりが戻るって展開になるが、ここからが本当に面白かった。

 ライラは警察署でミリーの姉と対峙、ジョシュはミリー=ブッチャーを縄で縛ったのを監視する中、ミリーは車の中でブッカーといい感じになっていた。
 前にロッカーに入れた詞を贈ったのが自分であることをブッチャーになってから言えたミリー、ミリーだったらいいなと思っていたと告げるブッカー。
 二人は照れ臭そうに笑いながらキスをする――うん、ミリーはブッチャーのままな。俺、なんで男同士のキスシーン観て感動してんのwとか思ってしまった。
 いや、別に同性がだからどうたらって言うつもりはないんだ。それ以上にヴィンス・ヴォーンの乙女演技が突き抜けすぎていて女の子にしか見えてなかったんだよ。

 この後もいろいろあるが、ミリーはなんとか自分の身体を取り戻す。
 ブッチャーになっている間に母親と話せたことから母親とも向き合えるようになってめでたしめでたし、と終わることはない。ブッチャーはミリーだったのだ。ミリーの家も、家族についても知られている。
 ミリーは舞い戻ってきたブッチャーと対峙することになるが、もう強い身体はない。入れ替わりでミリーの弱さを知ったブッチャーは精神的にも的確に攻めてくる。しかし、ミリーだってブッチャーの弱点を知っている。
 このラストの伏線回収――本当にそれ伏線だったのかよwって思えることなんだけど、納得の結末で文句なしに面白かった。
 どこかで書いたけど、ブッチャーが殺人をする理由とかドーラのナイフから聞こえる声については語られないけれども、あくまで物語の焦点はミリーだからこれで良かったと思います。BD買おうな、楽しみだな。


DSC_4662.JPG

 上映時間遅くて観てからじゃ売店やってないから先に買っといたんだが、これは良判断だった。
 キャラクターについてやあの犬小屋作りについてとかも書かれているから、世界観に浸りたい人は是非。ま、変形サイズなのと縦横で表記変わるからちょっと読みにくいがファンアイテムとして買っといたほうがいいよ。

posted by SuZuhara at 22:29| Comment(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月08日

シン・エヴァンゲリオン劇場版



「どこにいても必ず迎えに行くから。待ってなよワンコくん」


 仕事の殺人スケジュール中にゲームちょこっと始めたら、案の定使い物にならなくなって初めて締め切り延長申請とかしてみた。
 え、いつもならなんだかんだで三日前には終わってんじゃん。と言われたが、まだゲーム終わってないのよ。ラスボスのダンジョン超楽しいのテンションで終わると思えなかった。
 おかげで昨日ギリギリまで作業して、朝になったらエヴァンゲリオン観に行ったよな今日でした。


_20210308_181050.JPG


 というわけで今回はその感想ですが、ネタバレになるので畳むよ。
 あと注意として僕はエヴァンゲリオンというコンテンツを正しく理解しているとは言い難い。難しい部分はスルーして楽しむ派なので考察とかにはならないのでご注意ください。
 まあ要するに、好きに言いたいこと言うだけになると思われる。

 

One Last Kiss
宇多田ヒカル
ERJ(2021.3.10)


 余談だが、やっとCDが発売するの本当に嬉しい。
 発送したって言うからたぶん明日以降聞きまくってると思われる。

続きを読む
posted by SuZuhara at 22:20| Comment(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月26日

2020年9月映画感想。



「……貴方のものですので。生きるも死ぬも、ふて腐れて寝るのも一緒です」


 やー、元気です生きてます。
 今月はちょいと急に犬の目が腫れてしまったりしたので、あたふたしてた。心配で使い物にならなく俺は本当に使えないのです。
 実は先月に大変光栄なお仕事をもらって、死んでもいいくらい幸せな目にあっていたはずなのに、僕の感情は全くと言っていいほど動かなかったんだな。こんなものか、と。
 それがわりとショックでなにも手がつかなかったりしてたんだけど、それでも締め切りはやってくるもので、全部終わらせたんで一日中映画観てきた。今日はその感想を。

DSC_4076.JPG

 ネタバレありの感想になるから一度畳むけど、ラインナップはこちら。

・映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者
・劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン
・TENET
・アダムスファミリー

 元々、TENETとアダムスファミリーは行く予定だったんだけど、時間が合ったのでしんちゃんと強烈に勧められていたヴァイオレットも観てきた。
 パンフは余程の理由がないと買わないのだが、アダムスファミリーはアダムスファミリーというだけで好きなので買った。でもまだちゃんと読めていない。ヴァイオレットの方は来場者特典小説。今回の冒頭台詞はここからとった。

 では、各々の感想をざくっと書いていくぜー。




続きを読む
posted by SuZuhara at 22:22| Comment(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月16日

劇場版『Fate/stay night [Heaven's Feel]』V.spring song



「俺は、桜にとっての正義の味方になるって決めたから」


 夏の私が使い物にならないのは前々から言っていますが、今年はちゃんと働いてるんだぜ! コキ使われてるんだぜ! 待って、俺の休みはいつだよ!!
 とまぁ、死にかけで頑張っていますが、FGOでキャストリアの召喚に成功しました。ひゃっはー、メルト&ラムダで爆死し続けたのはこのためだったのだよ。周回システム組めるってすっげー楽。でも、時間取られるんでそこそこに。
 スキルマで失った種火とQPの貯蔵が終わったのだから休んでもいいだろうよ。
 

■感想
 初日に映画行ってきた。
 そして、今回、あらすじ諦めた。

 だって、ゲームの知識と映画の知識混じってごっちゃになるし、あんなの説明できない。正義の味方を目指していた士郎が、正義の味方からしたら悪である桜を守ると肯定し、選んだ正義を貫くために戦う物語ではあるが、それだけじゃないじゃん。他のことも書きたいじゃん、言峰のこととか、凛と桜の姉妹のこととか。

 だからね、映画を1章から観るのが一番だと思うのです。

 そんな私がHFを観てきた感想をつらつらと書いていきますが、完全なるネタバレなので一度畳みます。






続きを読む
posted by SuZuhara at 16:06| Comment(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする