2011年12月21日

“文学少女” と神に臨む作家 下

 わたしは心葉くんの、一番最初のファンでした。  ちまちままたーり、ディスガイア3プレイ中ー。  Vitaはタッチパネルが面倒極まりないが、そこそこ快適。何より音がいいのがいいねw 主人公のマオはいいキャラなので進めるのが楽しいし。  だがしかし、アナログパッド干渉問題のせいで全然進められてなかったり。ゲームに対する熱が下火になって来てる時にこれって……もうやめろってことかなー。 ・あらすじ  小説を書きたくないと叫ぶ心葉は書かなくていいと言..
posted by SuZuhara at 13:59

2011年12月20日

“文学少女”と神に臨む作家 上

「……それでも……っ、それでも、きみは、書かなきゃいけないわ」  無事にPSVが到着した、昨日。  うん、昨日。だが、決してゲームしてたから更新しなかったわけではない。普通に疲れて寝てしまったので、朝やろうとしたら電源がつかなくなって蒼白となりましたがw  今は無事に解決していますが、ちょいとテンションが下がったのは内緒だ。 ・あらすじ  遠子の受験、卒業の日が迫る中、心葉は晴れて恋人同士となったななせと過ごす日々が増えていた。だが、二人が進..
posted by SuZuhara at 22:28

2011年11月13日

“文学少女”と月花を孕く水妖

 ――僕、そのものが一条の物語になったわけだ。  本屋で全くジャンルの違う本を三冊買ったら顔を二度見されて笑うしかないw  ちょいちょい慣れてきたみたいで本を読む時間が戻ってきた矢先に俺屍を始めてしまったので、感想を書くのがたまっている状態だったり。いやー、どうにもゲームを始めると時間とか気にしなくなっちゃうので。  でも、このままじゃ内容を忘れちゃうので気合いを入れて更新するぜー。   ・あらすじ  夏休み、遠子から不審なSOSの手紙を貰った..
posted by SuZuhara at 12:50

2011年08月31日

“文学少女”の後輩な僕が幽霊だったころ……

「井上くん、きみ、多分死んじゃってる」  今回は文学少女とヒカルを買った全プレ小冊子より『“文学少女”の後輩な僕が幽霊だったころ……』です。  ヒカル2巻を読んだ時に一緒に書こうかと思っていましたが、それだと一つが長くなりすぎるので単独でいってみるぜ! ・あらすじ  文学少女である文芸部部長・天野遠子が源氏物語について語っていた時、椅子から落ちそうになった遠子を身を呈して庇った井上心葉は気がつくと見知らぬ場所にいた。そこで帝門ヒカルと赤城是光と..
posted by SuZuhara at 22:54

2011年08月19日

“文学少女”と慟哭の巡礼者

「やっと、会いに来てくれたのね、コノハ」  なんか忙しい忙しいと思っていたら、私に転属の話がありそれの検査が行われていたらしい。  ついに上司とお別れだな! と思いきや、午前と午後で行ったり来たりしろという、すさまじいスケジュール。そりゃあ、私の物欲を飼いならすためにも給料が上がるのは嬉しいが、ストレスで死んだらどうしてくれるのか……。  ま、その時は今以上にゲームにのめりこもうっと。      ・あらすじ  遠子の大学受験、そして卒業が迫る中..
posted by SuZuhara at 10:35

2011年08月10日

“文学少女”と穢名の天使

 ぼくが、怖くて出せなかった答えをあたりまえのように口にした。  ……ガサ入れが入った。 「とりあえず、半数は捨てろ」という殺生な言葉を貰うが、幼い頃から基本的に逆らわないように訓練されている私には頷くことしかできない。しかし、素直には聞かないがな!  次の検査が入る前に別の場所に移そうっと。      ・あらすじ  文芸部部長にして文学少女の天野遠子が受験勉強に入ったが、心葉が彼女におやつを作る日々は変わらない。それでも会えなくなったことに寂..
posted by SuZuhara at 15:17

2011年07月04日

“文学少女”と繋がれた愚者

 どうして、いつまでも、きみのことが忘れられないんだ。  ちょいと教えてもらったのだが、『トトリのアトリエ』の水着イベントでトトリが優勝すると好感度の一番高いキャラがコメントをくれるらしい。  え、軽く4周くらいしてたけど、私はメル姉の感想しか聞いてねぇ。なんて嫌がらせなのか!  何でも、相手がジーノだとむすっとしたトトリが拝めるそうなので近々やってみようと思う。      ・あらすじ  文化祭を目の前にしたある日、物語を文字通り「食べる」文学..
posted by SuZuhara at 23:40

2011年06月22日

“文学少女”と飢え渇く幽霊

 泣きながら放たれる言葉は、まるで愛の告白のようだった。  定期的にゲームしないと追い込まれていく自分に笑えなくなっていく昨今、ちょっとメルルまで持ちそうにない自分が悲しいが持たせてみせるっ! てか、今月はこれ以上買ったら絶対にヤバイ。  こういう日に限って書類仕事が多くて泣きたくなるが、24日は有休をとっているので引きこもることを糧に頑張るぜ! ……だから、konozamaはなしにしてくれよな頼むから。      ・あらすじ  いつものように井..
posted by SuZuhara at 00:09

2011年06月18日

“文学少女”と死にたがりの道化

「どうかあたしの恋を叶えてください!」  『戦律のストラタス』のシリアスな雰囲気に期待していたのだが、公開されたOPが最初から最後までステンドガラス自重しろと言わんばかり笑ったw  私のチキンハートがステンドガラスに警報出してるじゃないか! これで買えなくなったらどうするのだ。あとは発売日はいつ頃になるかが問題ですなー。      ・あらすじ  井上心葉は本を食べて生きる文学少女である天野遠子の秘密を知ってしまったために、無理矢理文芸部に入部させ..
posted by SuZuhara at 23:14